ようこそ海のリゾートへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大洗老舗の月の井酒蔵

大洗の島太郎です!

先日撮影した2店舗目は「月の井酒蔵」さんです♪
とっても立派な歴史ある酒蔵です。
月の井酒蔵

ちなみに「月の井」という名前ですが、始めは「松前屋」という称号だったみたいです。

実は大洗の月はとっても綺麗で、日本三大民謡(大洗発祥)である「磯節」にも謡われています。
その美しい月景にあやかって付けられたのが「月の井」というお酒で、
漁舟の出船・入船の祝い酒として愛されていたとか。

月明かりの元、海辺で漁火と月を見ながらお酒を飲む…
なんてとっても素敵じゃないですか?

和の月
店内には人気商品「和の月」をはじめ、話題のオーガニック梅酒など沢山の月の井ブランドが販売されております。

そして…
個人的にお勧めなのが「米ぬかアイス」♪
米ぬかアイス

冬に食べるアイスって最高じゃないですか?
ほんのりお酒の甘みがあって爽やかな味わいです。

ギャラリー

ドラマにもなった月の井さんの7代目当主坂本敬子さん著書の「さいごの約束」や、
片岡鶴太郎さんの書なども飾られていて必見です!

ちなみに上に紹介した「和の月」は、余命半年と宣告された
坂本社長のご主人(6代目)が最後に付けたお酒の名前だそうです。

とっても泣ける、感動のドラマですので是非見ていない人はビデオ屋さんに
足を運んでみてください。(本も是非お買い求め下さい)

さいごの約束 文藝春秋

さて、今日は実際にお酒が出来るまでの工程を見学させていただきました!

精米、米洗い、米蒸しと進んだ後は、約30℃の部屋(室)で麹菌を混ぜ、繁殖させます。
ここで職人さんが交替で約2日間、昼夜問わず作業をします。
麹菌をまく部屋

上半身はだかで職人さんが懸命に作業しております。
かっこいいです!!


そしてじっくり乾燥させます。
親方

あ!紹介おくれましたが、本日ご案内していただいた親方です。
実際にこのお米をその場で食べさせていただきました。

麹

出来上がった麹を実際に食べさせていただきましたが、
芯はありますが柔らかく、ほんのり甘かったです。


そして「もと造り」。
ここは通常一般の人は入れない場所なんですが、今回は特別に入れさせていただきました。

もと造り

7℃くらいの寒い場所で、じっくり約15日くらいかけて麹菌を発酵させます。


もと造り

どぶろくのように白く濁っていて、この時点ではちょうど甘酒に酸味を加えたような味でした。

そして出来上がったお酒の元をこちらの機械で「ろ過」して完成です。
ろ過

最後に少し口に含み、舌の上でまわして味見して、飲まずに出します。
これがお酒の味の見方で、品評会でもこの方法らしいです。
飲まずに出す事で、後口も確かめるそうです。
出来上がり

最後に瓶に詰め、ラベルを貼って出来上がり♪
瓶詰め


貴重な体験、本当に有難うございました!
各宿や飲食店でも月の井のお酒を楽しめますので、
是非皆様も味わってみてください♪

次回は大洗パークホテルさんのレストラン松涛をご紹介します。
お楽しみに!



スポンサーサイト

テーマ : 茨城県
ジャンル : 地域情報

海・山直売センターいきいき

大洗の島太郎です。

大洗店舗撮影として今回は「海山直売センターいきいき」さんと、
月の井酒蔵さん、大洗パークホテルの中にあるレストラン松涛さんにお邪魔しました。

おかげ様でお天気に恵まれ、早速いきいきさんへLet’sGO!
何度かTVで放映された事もあり、連日賑わっている大洗の市場です。

海山直売センターいきいき

いきいき店には全部で4つのお店が入っております。
1つ目がお魚天国。

回転寿司とお食事処があって、朝早く仕入れた新鮮なお寿司やこの時期ならあんこう鍋、
そして海鮮定食なども楽しめます。

お魚天国
お寿司の握っていただきながら親方と色々お話をしておりました。
平日の空いている時間帯なら普通のお鮨屋さんと同じように、
カウンター越しに目の前で握ってくれます。

その時期のお魚などいろいろ貴重なお話を頂戴しました♪

続いてお隣、谷藤水産へ。
ここでは屋台風のベンチがあって、お店で売っている魚介類をその場で焼いてくれるんです。

谷藤水産

大きな海老、そして帆立のバター焼き。
どちらもとっても美味しかったですよ!
なんか漁港に来たなぁって感じがします。

おばちゃんが「これも食べていきなよ!」って言ってくれるから(^_^;)
谷藤水産の蒸し雲丹

蒸し雲丹、撮影班の自分たちもいただいてしまいました。

貝の中にいっぱいの雲丹。
これって昔から大洗から海沿い~福島の方でも出している料理なんですよね!
特製のタレをかけて濃厚な雲丹を満喫!


飯岡屋水産にはお隣の栃木県のスター?の写真が飾られてました(^_^)
栃木のスター

これだっぺ、ごめんねごめんね~(^_^;)
水戸線にのっている女の子は化粧の変わりに納豆食べてるそうです。

今度大洗に来る時は宇都宮餃子持ってきてください。
あ、レモン牛乳でもいいですけど。

続いてJAさん。
大洗は海産物のイメージが強いのですが、実は農産物も盛んなんですよね!
漁港があって、商業地があって、そして農業地という感じで、
涸沼周辺には田畑が広がって美味しい野菜も楽しめます。

あ、これは日の出米という大洗産のお米。
宿泊施設青年部でも、この日の出米を中心にサツマイモや大根、ジャガイモなど
大洗産の野菜をこれからもっとアピールすべきと話をしております。

日の出米

次回は月の井酒蔵さん。
こちらでは一般の人は入れない場所につれてってもらったり、
かなり貴重な体験をさせていただきました♪

また近日アップしたいと思います!
大洗の島太郎でした。


よかっぺ記者 飲食店ガイド
よかっぺ記者 大洗のお買い物ガイド
サーフィン・スポーツ・温泉 ライフスタイルガイド
大洗町散策&観光ボランティア
大洗写真ギャラリー
大洗町宿泊施設青年会 活動ブログ
ポートフレンズ大洗のブログ
 
 
プロフィール

Author:大洗町宿泊施設青年会
大洗町の宿泊施設より現在13名で構成しております。
大洗観光協会のサイトを管理したり、飲食店やイベントの紹介などを進めながら、大洗町全体の発展に力を注いでおります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 2017 大洗観光協会オフィシャルBlog 大洗町宿泊施設青年会活動記 All Rights Reserved.
一般社団法人 大洗観光協会
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249-4
TEL:029-266-0788 FAX:029-266-0134
Copyright(C)2010 Oarai Town Tourism Association. All right Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。