ようこそ海のリゾートへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~信州・鹿教湯温泉 三水館と軽井沢の旅~ その4「山水館のご夕食」

大洗の島太郎です。


いよいよ楽しみにしていた三水館さんのご夕食!

■お食事場所
お食事場所

今回のお食事会場は1階の個室。
もともとは客室で、ご主人も好きだったお部屋らしいのですが・・・
木造の為2階からの音が響いてしまうそうです。
他にもお食事場所があるのですが、スペースやサービス面を考えて
こちらを夕食場所として使用する事にされたそうです。

もともと客室だけあって雰囲気はバッチリです。
お部屋食みたいな感覚です。




■前菜
 モロヘイヤのお浸し
 トマトのマリネ
 枝豆豆腐
 ポテトサラダ(オリーブオイル)
 紫蘇入り卵焼き
 玉蜀黍の揚げ物
 茄子の田楽
 茗荷寿司

とても綺麗で洗練された前菜です。
1品1品が本当に美味しく、女性の方には特に楽しめる感じがします。
メンバーみんな興味がわいているようです♪

前菜






■お造り
 蓼科牛の叩き
 信濃雪鱒の洗い

後でご主人に聞いた所、海の宿で魚を食べたとき、
この辺りで食べる魚とはまったくの別物と驚かれたそう。

やはり海の物は海で食べるのがベストであり、
山なら山ならではのお料理を・・・
とお考えになられたそうです。

この辺りでいう地元の刺身と言えば鮭や鱒などの川魚。
お祝いの席などで出す事が多いそうです。
川魚とお肉、とっても美味しかったです。

お造り






■鉢物
 冬瓜と南瓜の茗荷あんかけ

素材はもちろんですが、タレやスープなどの味が本当に絶妙に感じました。
素朴で優しいお料理。
田舎といっては失礼ですが、三水館さんをはじめ、鹿教湯温泉の宿で食べるお料理は
こういった素朴で地元に住む方々が食べる料理を味わいたいものですからね♪

鉢物






■箸休め
 コーンスープ

これは本っ当~に美味しくてみんなが驚いたおりました。
普通のコーンスープと思っていたら間違いです。

玉蜀黍を裏漉しして造られたのかな?
粒々感の舌触り。
そして甘みの強い、新鮮な玉蜀黍だからこの味が出せるのでしょうか?

スープ






■サラダ
 胡瓜 長芋 オクラ 枝豆

ふんわり鰹醤油の味付けがされており、そのまま召し上がれます。
その日の朝に地元の農園の方や直売所などから仕入れているとの事。

サラダ






■焼き物
 千曲川の天然鮎

養殖の鮎が多い中、やっぱり天然物は味が違います!
頭からかぶりついてしまいました。

ちなみに天然物と養殖物の違いは香りと身の締まり具合。
そして大きさと色合いだったと思います。

鮎は香魚とも書き、西瓜や胡瓜のような香りがふんわりとして、
小さめで身は締まっております。

天然鮎の塩焼き






■メイン料理
 トマトとズッキーニのグラタン

こちらもデーン!と大皿で取り分けるスタイル。
序盤の会席風のスタイルから、後半は豪快に大皿で。
家庭料理を思わせる流れになってきます。

この辺りが山水館さんの料理スタイルなのかなぁ。
トマトとズッキーニには特製のタレがしかれており、
濃厚なチーズと絡めて頂きます。

今まではお腹に優しい野菜料理という感じでしたが
ここでいっきにボリューム感が出てきました。

グラタン






■酢の物
 ジャガイモのミツバ ジュレがけ(からし)

濃厚なグラタンから一転、さっぱりとした味わい。
千切りにして軽く湯引きしたジャガイモでしょうか?
澱粉のモサモサした食感は無く、コリコリとした生のジャガイモのような食感が楽しめます。

酢の物






■御椀
 お吸い物

キノコと野菜のお吸い物。
ほっと一息(^^)

御椀






■お食事
 あゆごはん

ここまででお腹も一杯でしたが、あゆごはんは別腹?
とっても美味しくてみんなおかわりしておりました♪

お食事



■桃のブラマンジェ
デザート

ここでいったんお食事会場をはなれます。
ロビーにてデザートとお茶をいただきました。
みんなで食事の感想を話し合いながらデザート。
こちらも手作りでとっても美味しかったです。

全体的にボリュームはありますが、たんぱく質系のお料理より野菜中心のため消化が早そう。
野菜など重なる食材もあり、一見すると素朴に感じますが、
どれも調理法に工夫をされていて、優しいお味でした。

此処、三水館さんの雰囲気だから楽しめる、または三水館さんでしか
楽しめない料理なんだと思います。


これは後にご主人からもお話をいただきましたが、
料理とはその宿のイメージに合わせる事が大切との事。


たしかに海の宿で野菜料理を出しても喜ばれませんし、
山の宿で海の幸ってのも新鮮さが感じませんものね!


今回のお食事を食べてみて、改めて感じる事が多々ありました。
基本に戻り、宿の特徴を見極めて、その土地の本物をお届けするという
基本的な仕事をこなすことこそ大切で、実は大変な事なんだと思います。


とても勉強になりました。
本当にご馳走様でした!

※今回のお献立は夏向けのお料理です。
ちょうど私達で最後となり、これからは秋のメニューに変わりますので内容が変わると思います。



P.S
そうそう、お食事の最後の方で部屋に猫がきました。
話題の猫なのかな?と聞いた所、最近住み付いた(飼ってはいない)猫との事。


「ニャン蔵」に会いたかったなぁと思っていたら・・・
なにやら後ろで気配が・・・



猫
あっいた!


続きはまた後日。


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

~信州・鹿教湯温泉 三水館と軽井沢の旅~ その3「山水館での寛ぎタイム」

大洗の島太郎です。


「ヒカリヤ ニシ」さんで美味しいランチを楽しんだ後は、いよいよ本日のお宿
「鹿教湯温泉 三水館」(さんすいかん)へ。
http://www.sansuikan.info/

ちなみに鹿教湯(かけゆ)という読み方は、鹿の姿に変えた菩薩様が猟師に温泉の場所を教えたという
伝説から名付けられたそうです。


三水館の入口
三水館 入口

四方を山と川、田と畑で囲まれた里山の中、三水館さんはそっと佇んでおりました。

世の中なかなか厳しい状況で、これは旅行業界でも同じ事。
その中で連日満室!2~3ヶ月先まで予約が取れない!という
人気のお宿が、今回お世話になる「三水館」さんというわけです。


ちなみに鹿教湯温泉旅館共同組合HPはこちら。
 http://www.kakeyu.or.jp/


といっても三水館さん、温泉旅館組合には入いられていないのかな?
大手の旅行代理店やインターネット予約サイトともあまりお付き合いされてもいないようです。
基本的に自社のホームページや雑誌、クチコミだけで集客されているとの事。


また、決して高級旅館というお宿ではなく(1人16000円位から)、
温泉は素敵ですが、大型旅館のような凄い浴槽では有りません。(7組様の宿ですので当たり前ですが)


大洗で言えばアクアワールドさんのような、周辺にそこまで強い集客力を持つ
観光施設・景観スポットが有るわけでも有りません。
(鹿教湯温泉は素晴らしいですし、軽井沢には十分いける距離ですけど)


では何故お客様が集まるのでしょうか・・・?


もちろん料理は大変評判!

でも料理だけで?
なんでも野菜中心との事ですが、野菜中心の料理でお客様が本当に来るの?


そんな疑問から、今回はそれを知るべく、「青年会メンバー金ちゃん」のお勧めの宿の1つ、
三水館さんを研修先として選んだというわけでございます。
何より見て、食べて、肌で感じないと答えは分かりません!

という事で、まずは館内をご案内いたいます。


吹き抜けの玄関
三水館 吹き抜けの玄関

実は三水館さん、以前は温泉街にあったそうです。
現在のご主人(2代目)に変わり、もっと静かな所で営業したいという考えから、
ちょうど、木曽福島と松本から二棟の民家をこちらに移動する話が有り、
今の場所で旅館を始める事になったそうです。


玄関と暖炉
暖炉
冬は暖かそう♪
ちなみにロビーも床暖房を完備されております。


自然の中のテラス
三水館 テラス
夜ここでみんなと語り合いました。
時間がゆっくり流れるスペースです。

ロビー
ロビーダイニング
チェックインして冷たい麦茶をいただきました。
ロビーも趣が有りますね。


ギャラリースペース
ロビーにはギャラリースペースも有りましす。
素敵な蒼い陶器が並べられており、独創的な壁かけが有りました。
他にも素敵な木の置物がいたる所に飾られております。
井崎正治展

あとで調べてみたら、工房塩津村「井崎正治展」として
9月23日まで展示されているそうです。
是非この期間に三水館さんへお越しになられるお客様はご覧下さいませ。
http://shiotsumura.blog70.fc2.com/

2階にお部屋が有ります。
ちなみに三水館さんはスリッパはなく、まるで実家に帰省しているような感じ。
アットホームですね!
階段はすべりにくく柔らかく、麻?のような素材で出来てました。


和洋室
客室で寛ぎ中
あっきー、運転お疲れ様です!
きんちゃんとナナさんはテーブルや椅子、部屋の造りをしみじみ見ておりました。


お茶菓子
お茶菓子
女将さんがお茶を入れてくれました。
昼間あれだけデザートを食べた島太郎ですが・・・
ここも余裕でたいらげます。(美味しいです)


ツイン
客室のベット
お部屋は2部屋予約してあり、1部屋目は和洋室で、2部屋は和室です。


和室
和室
こちらは島太郎達のお部屋。
ちなみにお部屋にはそれぞれ名前があり、この辺りの地名だそうです。

田山社長は早速マッサージを予約。
はまさんは山へ芝刈りに、いや、散策に出かけてしまいました。
自分はカメラ片手に館内をうろうろしております。


浴室
内湯と外湯(露天)が男女1箇所ずつ有り交代制だそうです。
お部屋にお風呂はついておりませんが、7組の宿にこれだけの浴槽があれば十分ですね!
温泉


ガラガラ・・・「お先に~~」
田山社長が入ってきました(^^;
露天風呂

気持ち良さそうなので撮影させていただきました(^^


御婦人方。(交代制なので、朝撮影したものです。)

浴室

朝風呂も最高でした。

寛ぎタイムはこんな感じ。
周りに何も無いのが贅沢なんですよね!
なんとも大人の空間。
時間がゆっくり流れます。
お部屋にTVは有りますが、正直見ませんでした。


日も暮れて、いよいよお楽しみのお食事タイム!
更に、三水館で話題になっている「とある動物」が登場します。


続きはまた明日!
お楽しみに~♪

■三水館
長野県上田市西内1866-2(信州 鹿教湯温泉)
Tel:0268(44)2731 Fax:0268(44)2733
http://www.sansuikan.info/


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

よかっぺ記者 飲食店ガイド
よかっぺ記者 大洗のお買い物ガイド
サーフィン・スポーツ・温泉 ライフスタイルガイド
大洗町散策&観光ボランティア
大洗写真ギャラリー
大洗町宿泊施設青年会 活動ブログ
ポートフレンズ大洗のブログ
 
 
プロフィール

大洗町宿泊施設青年会

Author:大洗町宿泊施設青年会
大洗町の宿泊施設より現在13名で構成しております。
大洗観光協会のサイトを管理したり、飲食店やイベントの紹介などを進めながら、大洗町全体の発展に力を注いでおります。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 2017 大洗観光協会オフィシャルBlog 大洗町宿泊施設青年会活動記 All Rights Reserved.
一般社団法人 大洗観光協会
〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8249-4
TEL:029-266-0788 FAX:029-266-0134
Copyright(C)2010 Oarai Town Tourism Association. All right Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。